水玉自伝~アーバンギャルド・クロニクル~

アーバンギャルド初の自伝『水玉自伝 ~アーバンギャルド・クロニクル~』が4月下旬に刊行される。

本書はフロントメンバーである浜崎容子(Vo)松永天馬(Vo)が自身の生い立ちからバンドの結成や参加、現在までの歩みをライター藤谷千明を聞き手に語り下ろしたもの。

結成前夜、楽曲やアルバムの誕生秘話、メンバーとの軋轢など、これまで語られてこなかったエピソードも満載となっており、プライベート秘蔵写真なども多数掲載。

更におおくぼけい(Key)による自伝も加筆されている。


2000年代後半のインディーズデビューからmixi・Youtube・ニコニコ動画・マイスペース・twitterなど時流のツールを取り入れ、震災・メンヘラ・少女・アイドルなど、時代を彩るトピックをシニカルかつアグレッシブに表現してきたアーバンギャルド。

本書は多数のトピックに註釈を加え、SNS時代のサブカルチャーを全方位に網羅したデータベース的一冊ともなっており、誕生と変遷、成功と失敗、そしてこれからを赤裸々に語る普遍的なバンド・ヒストリーにも仕上がっている。


https://www.amazon.co.jp/dp/4907929358/